2020. 08. 18 16:00

eスポーツ選手も注目!ゲームの頭脳戦に熟成ホップ!?

INHOP Journal

世界的にeスポーツへの熱狂が高まる中、先日行われた人気ゲーム「Fortnite」の大会で、成績上位者に向けてある取り組みが行われた。それは大会成績上位者への賞品として、選手の思考する時間をサポートするグミ『シンキングサプリ・ホップイングミ』を配布するという試みだ。相手との駆け引き、空間認識など、脳を酷使する選手にとって、集中力を維持するためのプレイ環境の整備は必須だ。長時間プレイする選手たちの「思考する時間」をケアする、そんな最先端の取り組みに迫る。

ゲームはただの遊び?そんな感覚はもう古い。ゲームは脳を駆使する、れっきとしたスポーツだ。世界的にeスポーツへの熱狂が高まる中、eスポーツ選手たちの脳・健康意識にも注目が集まっている。

先日、国内No.1のゲームメディア「GameWith」が主催した、人気ゲーム「Fortnite」のオンライン大会では、そのeスポーツ選手たちに対して、ある取り組みが行われた。それは大会成績上位者への賞品として、選手の思考する時間をサポートするグミ『シンキングサプリ・ホップイングミ』を配布するという試みだ。

そのグミを手がけたのは、ビールの原料であるホップから抽出した健康素材「熟成ホップ」を扱うINHOP株式会社。GameWithに所属するプロeスポーツ選手の「Nephrite(ネフライト)」さんのステッカーも貼られており、選手たちのプレイ環境をサポートしていく構えだ。

思考する時間をサポートするグミ

「シンキングサプリ・ホップイングミ」に含まれる「熟成ホップ」とは、キリンホールディングスが長年にわたり研究を続け、様々な食品にホップの価値を展開できる健康素材として開発されたもの。ホップの持つ苦味には様々な可能性が眠っていると言われており、ヨーロッパでは古くからハーブとして生活に取り入れられていた。

INHOPはこの熟成ホップを、グミのように摂取しやすい形で商品化することで、仕事中や勉強中はもちろん、ゲーム中にも食べられる “思考する時間のためのサポート食”として、彼らを支援する食スタイルを目指している。

知られざるゲームと脳の関係性

「空間認識能力や相手の行動の読み合い、リスクとリターンの駆け引きなど、プロゲーマーになる程、プレイ中に脳を酷使している。」そう話すのはゲームメディア「GameWith」で大会の企画・運営を担当したT氏。今回のオンライン大会で使用された「Fortnite」は累計登録ユーザー3億5000万人を誇る人気ゲーム。広大な戦場を舞台に、100人のプレイヤーが様々な武器を持って戦い、最後の1人が優勝するというバトルロワイヤルだ。そのため、相手が今どこにいるのかを予測しながら移動したり、相手の行動パターンを推測しながら、生き残らなければならない。まさしく脳を酷使するゲームだ。

T氏によると「eスポーツ選手をサポートする飲料・食品としては、エナジードリンクや完全栄養食などが多かった。今回配布された『ホップイングミ』はハーブ由来の熟成ホップを使用しており、これまでにない新しい形で選手たちのプレイをサポートできるイメージがあった」そうだ。

プレイ環境の整備に、思考する時間のケアを。

従来のスポーツ選手と同様に、eスポーツで良い結果を出し続けるためには身体面とメンタル面双方のケアが欠かせない。健康管理の必要性を自覚している選手も多く、運動をはじめたり、姿勢を良くするための椅子を導入している選手もいる。しかし長時間プレイする選手の「思考する時間」へのケアはまだまだ発展途上だ。『シンキングサプリ・ホップイングミ』がその先駆けになるかもしれない。

シンキングサプリ受験力 2週間チャレンジキャンペーン キャンペーン価格 税込¥3,240 税込¥500 送料無料 シンキングサプリ受験力 2週間チャレンジキャンペーン キャンペーン価格 税込¥3,240 税込¥500 送料無料