シンキングサプリ
「ホップイングミ」10袋入

ビターグレープフルーツ風味

10袋入 / ¥3,240(税込)

キリンホールディングスが10年にわたり研究を続け、
様々な食品にホップの価値を展開できる健康素材として開発した「熟成ホップ」。この「シンキングサプリ・ホップイングミ」は、仕事中や勉強中などでも手軽に「熟成ホップ」を摂れるようにすることで、すべての人の「思考する時間」をサポートする商品です。

デスクワークや打ち合わせ、勉強時のお供に!

PC作業時、アイデア発想時、ブレスト実施時に!

ミシュランガイド2020掲載店シェフが味を監修

クセになる心地よい苦みとグレープフルーツの風味

※「熟成ホップ入り」とは、熟成させたホップを水抽出した「熟成ホップエキス」を使用していることを指します。

Development Story

開発秘話

思考する時間に適した食べ物とは?

熟成ホップを使った「シンキングサプリ・ホップイングミ」は、すべての人の思考する時間をサポートするために開発された商品です。勉強や仕事をしている人にとって、食べやすい形態は何かと考えた結果、手を汚さずに食べられて集中を削ぐことのない「グミ」という形状を選んだのです。さらに、噛むことは脳を刺激する効果があるとも言われています。* 私たちは、適度な噛みごたえがあり、子供から大人まで食べられている「グミ」で、思考時間を応援したいと考えました。
* 出典:International Dental Journal 2019; 69: 334–340

子供でも美味しく食べられるものにしたい。

様々な健康効果があると思われ、ヨーロッパでは古くからハーブとして生活に取り入れられていたホップを、食べやすくするために苦味を抑えることに成功した「熟成ホップ」ですが、それでもほのかな苦味がある素材を子供でも食べられるようにするためには、どのような風味にするかが課題でした。苦味は慣れることによって発達し、美味しいと感じられるようになる味覚なので、年齢や経験によって感じ方が変化します。そんな中で、ホップの苦味と香りを「美味しい」と感じられるものにするために、私たちは味覚のプロと一緒に「熟成ホップを美味しく食べるには、どんな味と香りが良いのか?」を探すことにしました。

ミシュランガイド2020掲載店「sio」の鳥羽周作シェフ

ミシュランガイド2020掲載店のシェフと開発した味。

「美味しく食べられる熟成ホップ」を一緒に開発してもらったのは、「sio」の鳥羽周作シェフ。「sio」はミシュランガイド2020掲載店となったフレンチのレストランで、いま注目されているお店です。鳥羽シェフと試作していく中で、柑橘系の持つ香りとほのかな苦味が、ホップの香りや苦味と相性がよいということが分かりました。さらに酸味が加わることで、苦味の印象を抑えることが出来たのです。そして柑橘系の中から一番相性の良かったグレープフルーツの風味をベースに、鳥羽シェフが試作を重ね、その味覚設計に従って製品が完成しました。ほのかに感じる苦味は、グレープフルーツを食べた時の美味しい記憶と重なり、子供から大人まで美味しく食べられる味となったのです。

シンキングサプリ
「ホップイングミ」10袋入

ビターグレープフルーツ風味

10袋入 / ¥3,240(税込)

●名称:グミキャンディ ●原材料名:水飴(国内製造)、砂糖、ゼラチン、熟成ホップエキス、粉末オブラート/酸味料、シクロデキストリン、香料、乳化剤、ベニバナ黄色素、光沢剤 ●内容量:44g(1袋当たり) ●保存方法:直射日光・高温多湿を避け、28℃以下の涼しい場所に保存してください。
栄養成分表示:1袋(44g)当たり

エネルギー

146 kcal

たんぱく質

2.3 g

脂質

0.2 g

炭水化物

33.7 g

食塩相当量

0.00~0.03g

この表示値は、目安です。

原材料に含まれるアレルギー物質(28品目中)

ゼラチン

※「熟成ホップ入り」とは、熟成させたホップを水抽出した「熟成ホップエキス」を使用していることを指します。